JACICロゴ JACICについて
JACICホームに戻る右矢印左矢印前に戻る 
  トップページ > JACICについて

























ご挨拶
 
 日本建設情報総合センター(JACIC)は、建設事業の円滑な執行に資する情報システムの調査研究、開発・改良、運用・保守並びに建設情報の提供・普及を行うことにより、建設技術の向上、建設事業の効率化、国土の安全かつ有効活用の促進を図ることを目的に、昭和60年に設立され、平成24年の一般財団法人への移行を経て現在に至っています。
 今日、政府は、「生産性の向上」を経済成長維持のための重要課題と位置付け、特に建設分野においては、建設生産プロセス全体の抜本的な生産性革命の実現に向けた施策である「i-Construction」を推進しています。
 JACICでは、これらの施策を支援するため、これまで着実に実施してきた「①公共調達に関わる情報提供」 および「②建設情報に関わる研究開発」に加え、調査・測量から設計・施工・維持管理にわたる「③建設プロセスに関わる情報の利活用活促進」を事業の柱に据え、より総合的な建設情報の提供実現を目指しています。
 具体的には、令和2年度より、新たに「ソリューション部門」を創設し、建設現場の生産性向上と仕事の改革を進めてまいります。
 加えて、令和2年度から本格的に運用を開始する「JACICクラウド」をソリューション部門の核として、発注者・受注者などの関係機関や各種サービス提供者等との連携を一層強化し、建設現場の課題解決を目指してまいります。
 今後も、産学官との緊密な連携のもと、新たな情報技術による現場の変革に挑戦しつつ、建設事業の発注者・受注者双方の業務執行の効率化・高度化に寄与することにより、魅力ある建設現場を創出し、質の高い社会資本整備を通じて、公益の増進、社会貢献に務めてまいりたいと考えています。
 引き続き、皆様の一層のご支援とご協力を賜れば幸いです。
一般財団法人 日本建設情報総合センター

ふかさわ あつし
理事長  深澤 淳志


 JACICロゴ サイトマップ
ページトップ