記者発表資料-第一回アジア建設IT円卓会議の開催、「東京宣言」を採択-

平成18年2月2日
社団法人 土木学会 情報利用技術委員会
財団法人 日本建設情報総合センター


第1回アジア建設IT円卓会議が開催され、「東京宣言」を採択

 平成18年1月28日、東京赤坂プリンスホテルにおいて、(社)土木学会情報利用技術委員会(委員長:高田知典)と(財)日本建設情報総合センター (以下「JACIC」という、理事長:豊田高司)は、共同主催による第1回アジア建設IT円卓会議を開催した。  会議では、主催者代表の豊田JACIC理事長の歓迎挨拶に引き続き、まず座長の柴崎東大教授による趣旨説明が行われた。午前中は、日本の公共事業、 建設ITに対する取り組み、JACICの活動を紹介した後、前日に開催された「アジア建設ITワークショップ」での各国の状況認識の延長として、 日中韓それぞれの建設ITの状況を分野別に比較検討し、議論のベースとなる情報を共有した。 午後は、アジアとしての連携、協力について活発な討議が行われた。国土管理、災害軽減、環境保全などでは、アジアに共通の課題が多いことが認識され、 各国の持つ知識・経験を相互に活用することの重要性を確認した。また、CAD、GIS、測量、電子調達/電子入札、電子納品、積算システム、工事業務実績 データベース等についての各国の比較を通して、センシング技術、情報共有、意志決定支援など、個別の技術分野では具体的な協力の可能性も議論された。 特に標準化活動等に関しては、ISOなどの国際標準化の枠組みに従いながらも各国が独自に標準化を進めている部分も少なくなく、今後、アジア域内での インタオペラビリティ(相互運用性)の確保が不可欠との認識で一致した。特にデータや情報定義の基礎になる用語の比較などの基本的な議論を今後も継続的に 進めることを合意した。 最後に、来年度以降(平成18年8月を予定)も継続的に「アジア建設IT円卓会議」を開催していくとともに、協力の輪をさらに広げていくこと、 定常的な意見交換のためのポータルサイトを設けることなどが提案され、これらをとりまとめた「東京宣言」を採択した。

参照サイト:http://www.jacic.or.jp/acit/index_j.html

付属資料
  1. 議事次第
  2. 参加者名簿
  3. 東京宣言(英文)
  4. 東京宣言(和訳)
  5. 会議写真

【問合せ先】
(財)日本建設情報総合センター 標準部  秋山、河内
     電話:03-3505-0419 FAX:03-3505-2967

PageTop  
Copyright(C) 2015 JACIC. All rights reserved.