JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
バリアウィンT
副題
低天端有脚式離岸堤
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成27年03月03日
初回審査証明日
平成22年03月03日
有効期限
平成32年03月02日
技術保有会社
東洋建設株式会社





会社名
東洋建設株式会社
住所
兵庫県西宮市鳴尾浜1-25-1
担当部署
鳴尾研究所
連絡先
0798-43-0661
建設分野
環境 防災 海岸
業務分類
コンクリート系 防災
キーワード
低天端有脚式離岸堤
透過率
反射率
波力低減
景観
波浪制御
海水交換
海岸保全
高潮位時消波性能
海域制御構造物
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「バリアウィンT」は、従来の有脚式離岸堤(海域制御構造物)と同等の消波性能を持つ波浪制御構造物である。透過性で低天端構造であることから、海水交換は良好であり、海岸からの視界も妨げることがない。  天端の一部を除き、ほとんどが没水するため腐食環境が最も厳しい飛沫帯の影響を受けにくく、杭も大部分が地盤または堤体中となり、直接海中に触れる部分が少ない。  スリット部で消散される波エネルギーの損失と低天端効果から、水平波力は通常の直立式防波堤に比べて小さく、鉛直波力もきわめて小さい。また低天端構造ではあるものの、渦による効果的なエネルギー消散により高潮位時にも一定の透過率を有する。
適用実績
平成25年度 駿河海岸一色離岸堤工事(150m/基×1基)