JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
ハチノス型遮音壁
副題
騒音低減効果の高い遮音壁頂部消音装置
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成27年01月14日
初回審査証明日
平成17年01月14日
有効期限
平成32年01月13日
技術保有会社
株式会社長大、株式会社栗本鐵工所





会社名
株式会社栗本鐵工所
住所
大阪府大阪市西区北堀江1-12-19
担当部署
建材事業部 消音営業部 道路技術課
連絡先
06-6538-7716
建設分野
道路 橋梁 交通
業務分類
振動騒音
キーワード
道路用防音壁
頂部消音装置  
騒音低減 
音響管 
アルミ繊維吸音材
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「ハチノス型遮音壁」は、道路交通騒音対策用遮音壁の頂部に設置する騒音低減装置であり、同じ高さの従来型遮音壁に比べて、より大きな騒音低減効果を発揮するものである。製品の前面(道路側)に中域周波数に有効な音響管構造を配置し、上部に高域周波数に有効なアルミ繊維吸音材を配置したものである。 特徴は以下の通りである。 1)同じ高さの従来型遮音壁に比べてより大きな騒音低減効果がある。 2)亜鉛めっき鋼板、アルミ繊維吸音材を使用し、耐候性に優れる。 3)落下防止構造がある。 4)風荷重・積雪荷重に対して安全である。 5)ユニットパネル化されているため施工性が良い。
適用実績
1.平成17年02月:国道21号(大垣) 2.平成17年09月:国道2号 姫路バイパス 3.平成19年11月:県道高速名古屋朝日線 堀内工区 4.平成19年11月:県道高速名古屋朝日線 庄内工区 5.平成22年08月:東京港臨海道路(ゲートブリッジ) 6.平成23年07月:県道高速名古屋新宝線 きらく橋工 大江工区 7.平成26年02月:23号名豊道路東部遮音壁設置工事