JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
GTフレーム工法
副題
ジオグリッドおよび短繊維混合補強砂を用いたのり面表層保護工
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成26年04月14日(内容更新 平成28年04月04日)
初回審査証明日
平成21年04月14日
有効期限
平成31年04月13日
技術保有会社
イビデングリーンテック株式会社





会社名
イビデングリーンテック株式会社
住所
岐阜県大垣市河間町3丁目55番地
担当部署
技術開発部
連絡先
0584-81-6114
建設分野
緑化 防災 環境
業務分類
施工方法 防災 施工管理
キーワード
全面緑化
吹付法枠
のり面
法面保護
補強土植生のり枠工法
ジオグリッド
短繊維
改良土
柔構造
景観
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
CB070019V
概要
「GTフレーム工法」は、ジオグリッドと改良土(短繊維混合補強砂)を用いたのり枠部材を格子状にのり面に構築し、のり面の補強を行なう、環境保全に優れたのり面表層保護工である。従来のモルタル・コンクリート材料による吹付のり枠工と異なり、枠内緑化だけでなく、のり枠の内外面を含めた全面緑化が可能となる。また、施工が容易で工期が短縮でき、かつ経済的に優れる工法である。
適用実績
2007年~2015年の9年間で約900件の施工実績を有する。発注機関には、国土交通省、農林水産省、その他公共機関、民間など幅広く採用されている。のり枠面を含めた全面緑化が可能なので、自然との調和や景観性の保護が強く求められる現場(自然公園等)での適用が増加している。