JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
アクアロード
副題
道路地下に適用可能な樹脂製貯留浸透槽の構造部材
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成28年03月22日
初回審査証明日
平成23年03月22日
有効期限
平成33年03月21日
技術保有会社
積水化成品工業㈱





会社名
積水化成品工業㈱
住所
東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル23F
担当部署
第1事業本部 住環境開発グループ
連絡先
03-3347-9659
建設分野
都市 道路 下水道
業務分類
施工設備 防災 気象
キーワード
雨水
貯留
浸透
流出抑制
利水
冠水
浸水
トレンチ
プラスチック
軽量
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KT-070092
概要
 アクアロードは、道路下に適用可能な樹脂製貯留浸透槽の構造部材である。  本製品は,人力施工が可能な軽量部材でありながら,車道下に対応できる強度と耐久性を有している。さらに,施工に当たっては,特殊作業を必要とせず簡易でかつ,急速施工が可能である。また,製品のかみ合わせによって移送,保管に際してはコンパクトに積層できるため,仮置き用地の面積が少なく,運搬車両の輸送効率が高いなど,経済性にも優れた製品である。
適用実績
貯留施設として、  2007年に兵庫県で宅地造成地の貯留槽として道路下に適用。  2011年に福岡県でアンダーパスの浸水対策として道路下に適用。  2012年に茨城県で市道の冠水対策として道路下に適用。  2013年に群馬県で国道の歩道部に冠水対策として適用。  2014年に埼玉県で市道の冠水対策として歩道部に適用。  2015年に東京都で東京都造成工事の駐車場に適用。 水位による浮力が小さい軽量盛土として、  2003年に青森県で耐震護岸への土圧を軽減する裏込め材に適用。  2007年に東京都で川沿いの歩道を整備する嵩上げ材に適用。  2008年に香川県で車道下埋設BOXの荷重軽減として適用。  2008年に大阪府で川沿いの遊歩道を整備する嵩上げ材に適用。