審査証明技術(概要)

技術名称
EHDアンカー
副題
目視管理が可能な水密性と耐久性に優れたグラウンドアンカー
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2016年(平成28年)03月09日(内容更新 2016年(平成28年)03月09日)
初回審査証明日
2001年(平成13年)03月09日
有効期限
2021年(令和03年)03月08日
技術保有会社
神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社





会社名
弘和産業株式会社
住所
東京都青梅市今井3丁目3番12号
担当部署
営業本部 営業部業務課
連絡先
0428-32-2811
建設分野
ダム 道路 防災
業務分類
防災 地盤材料系 仮設工(架設も含む)
キーワード
グラウンドアンカー
目視管理
水密性
耐久性
ランクA
防食構造Ⅱ
テンドン
エポキシ
地すべり
引張型
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KT-040039-V
概要
EHDアンカーは、JIS G 3536に規定されたPC鋼より線に耐食性があるエポキシ樹脂を被覆し、グラウトとの付着力向上の目的で表面に細粒けい砂を埋め込んだφ12.7mmおよびφ15.2mmの神鋼鋼線工業社製付着型ECFストランドを引張材に用いたグラウンドアンカーである。EHDアンカーは、部品数を削減し、シース接合部にあたる境界部を堅牢にし、長期間安定した水密性、耐久性の発揮、テンドンの挿入容易、防錆グリスの注入が確実など施工性に優れる。アンカー頭部には確認窓を有した部材を使用することで、防錆材の充填状況及び劣化状況の目視管理が可能である。
適用実績
1)2012年2月 さがみ縦貫城山IC改良(その2)工事 2)2012年8月 小田川地区法面防災工事 3)2013年8月 一般国道452号 夕張市鹿島改良工事 4)2013年10月 奥瀞道路竹筒北南地区改良工事 5)2014年4月 国道9号大身地区法面対策工事 6)2014年6月 道路橋りょう整備(再復)工事(道路改良) 7)2014年7月 平成25年度 地方道路交付金工事(災害防除) 8)2014年7月 国道287号 道路災害復旧工事 9)2014年11月 (516)旭士別線防災B(地方道)工事(補正・明許)外 10)2015年2月 地すべり激甚災害対策特別緊急事業激甚2-2-1号

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
パブリックドレーン 旭化成ジオテック株式会社、東急建設株式会社 03-5652-3909 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF
ダクタルフォーム 太平洋セメント株式会社 03-5531-7370 PDF
CSB 中川ヒューム管工業株式会社 029-824-6331 PDF