JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
残存型枠プロテロックピアスワンダー
副題
施工性に優れた埋設型枠
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成27年03月31日(内容更新 平成27年03月31日)
初回審査証明日
平成15年02月05日
有効期限
平成32年03月30日
技術保有会社
タカムラ総業株式会社





会社名
タカムラ総業株式会社
住所
静岡県御殿場市板妻21番地
担当部署
残存型枠事業部
連絡先
0550-89-5144
建設分野
砂防 道路 河川
業務分類
仮設工(架設も含む) コンクリート系 施工方法
キーワード
型枠
残存
埋設
コンクリート
工期短縮
河川
道路
擁壁
気泡混合軽量盛土
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
CB-980008
概要
「プロテロックピアスワンダー」は、エポキシ樹脂電着塗装にて防錆処理した補強材(エキスパンドメタル)を内蔵した薄肉コンクリート製残存型枠です。施工性に優れた専用組立金具(エポキシ樹脂電着塗装処理)が用意されており、組立・加工が簡単で、取り外すことなく構造物と一体化する型枠です。パネル裏面には、付着性と軽量化のために凹部を5cm間隔に配置しております。主に構造物の埋戻し面、中仕切り型枠として使用される「ピアスタイプ」と、主に構造物の露出面に使用される「ワンダータイプ」があり、コンクリート構造物を残存型枠工法で一貫施工できます。
適用実績
1)東北地方整備局新庄河川事務所 立谷沢川流域濁沢第六砂防えん堤工事(Wメル工法) H19.10 2)関東地方整備局渡良瀬川河川事務所 安蘇沢砂防えん堤補強工事(ピアストーン工法、腹付け工) H19.12 3)北陸地方整備局立山砂防事務所 真川護岸山腹工事(河川護床工) H20.10 4)近畿地方整備局紀の川ダム統合管理事務所 迫地区地すべり対策工事(Wメル工法) H22.03 5)九州地方整備局雲仙復興事務所 湯江川砂防えん堤工事 H20.12 他、施工実績多数