JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
パンチングフォーム
副題
コンクリート打込み・締固めが目視できる埋設型枠
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成28年11月01日
初回審査証明日
平成18年11月01日
有効期限
平成33年10月31日
技術保有会社
岡部株式会社





会社名
岡部株式会社
住所
東京都墨田区押上2-8-2
担当部署
技術開発部 仮設型枠グループ
連絡先
03-3624-6201
建設分野
材料
業務分類
コンクリート系
キーワード
埋設型枠
基礎
橋脚
鋼製型枠
残存型枠
ラス
土中コンクリート構造物
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KT-020049
概要
パンチングフォームは、薄鋼板を用いてラス形状のせき板とリブ形状の縦バタを一体成形した埋設型枠パネルで、基礎、フーチング、地中梁、擁壁、連壁等、土中のコンクリート構造物に用いる工法である。近年、コンクリート工事用の型枠材料である木材資源の保護等、環境問題の抑制や型枠工事における作業性・輸送性・保管性の向上が望まれ、木材の代替に薄鋼板を用いて、軽量で積重ね容積が小さく作業性・輸送性・保管性に優れ、また、コンクリートの打込みおよび締固め状況を目視でき、従来型枠を用いて打込まれたコンクリートと同等の圧縮強度および耐久性を有している埋設型枠である。
適用実績
出荷実績 2011年 :  79,041㎡  2012年 :  94,307㎡  2013年 : 116,193㎡  2014年 : 118,397㎡  2015年 :  90,322㎡"