JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
GS石灰処理土GSソリッド
副題
建設発生土とGS粒調砕石を用いた高強度地盤材料
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成27年05月18日
初回審査証明日
平成27年05月18日
有効期限
平成32年05月17日
技術保有会社
才田砕石工業株式会社





会社名
才田砕石工業株式会社
住所
福岡県朝倉市下渕472
担当部署
営業部
連絡先
0946-22-3877
建設分野
舗装 材料 道路
業務分類
維持修繕 地盤材料系 交通量
キーワード
道路
路床
舗装
軟弱地盤
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「GS石灰処理土 GSソリッド」は、建設発生土を40-0mmで篩ったものに、独自の配合で製造した粒調砕石40-0mmを約50:50で投入し、安定材として生石灰を添加して混合・製造した粒状地盤材料である。原料に用いる建設発生土は、第1種建設発生土もしくは第2種の建設発生土に限定しており、また生石灰は有害性が少なく国土交通省の「改良土の六価クロム溶出試験」でも対象外となっており、環境安全性にも不安がない。  路床材として設計CBRが100%以上発揮でき、一般粒状地盤材と同様な施工が可能で、生石灰を混合されていることにより長期にわたり強度を発揮する。また、締め固められた地盤材は強固に固結することはなく、長期経過後でも再掘削が容易にできる。
適用実績
2011年より路床設計CBR3%未満の現場にて10件の適用。