JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
Tヘッド工法鉄筋
副題
拡径部による機械式定着鉄筋
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成25年11月20日(内容更新 平成25年11月20日)
初回審査証明日
平成15年11月20日
有効期限
平成30年11月19日
技術保有会社
清水建設株式会社、第一高周波工業株式会社





会社名
清水建設株式会社
住所
東京都江東区越中島3-4-17
担当部署
技術研究所 社会基盤技術センター
連絡先
03-3820-5504
建設分野
材料
業務分類
コンクリート系
キーワード
ヘッド
定着
鉄筋
充填性
配筋
工期
コンクリート
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KT-010018
概要
「Tヘッド工法鉄筋」は,過密配筋の施工性向上を目的に開発したもので,鉄筋端部を加熱成形し,機械的にコンクリートに定着する工法である。スターラップ,中間帯鉄筋および軸方向鉄筋において,従来の標準フック鉄筋の代わりに使用できる。本工法の主な特長は次の通りである。 ・先組み鉄筋に後からせん断補強鉄筋を挿入できるため,配筋の施工性が大幅に向上する。 ・端部が小型化できるため,過密配筋部の施工性,コンクリートの充てん性が大幅に改善できる。 ・定着プレートの設置や注入等の作業がないので配筋作業が迅速に出来る。 ・標準フック鉄筋などと同等の定着性能を有し,高い耐震性や疲労を受ける部材にも適用できる。
適用実績
2013年3月末での施工実績累計は約2,100万箇所で,適用工事現場数は約1,580現場である。対象施設は火力/LNGタンク,ボックスカルバート,放水路,調整池,鉄道高架橋,道路橋脚,立坑,トンネル,鉄塔基礎など土木構造物全般である。なお,建築構造物にも用いられている。