審査証明技術(概要)

技術名称
Wジョイント管
副題
推進工法用鉄筋コンクリート管
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2016年(平成28年)12月24日
初回審査証明日
2001年(平成13年)12月24日
有効期限
2021年(令和03年)12月23日
技術保有会社
藤村ヒューム管株式会社





会社名
藤村ヒューム管株式会社
住所
新潟県柏崎市栄町7-8
担当部署
技術開発本部 技術営業部
連絡先
0257-22-3144
建設分野
下水道 トンネル 共同溝
業務分類
コンクリート系
キーワード
下水道
推進管
曲線推進
共同溝
さや管
ヒューム管
雨水
高水密
大深度
耐震
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
Wジョント管は、継手部の接合性と水密性を向上させるために開発された推進管である。標準型は0.2MPa以下、高水密型は0.4MPa以下の水圧が作用する地下での直線や曲線推進などに用いられる。継手部に用いるゴム輪は、接合性と水密性の確保を目的に形状の異なるゴム輪をそれぞれ管体の溝部に固定していることから曲線推進や地震動による抜け出しに対しても優れた水密性を有する。また、呼び径800以上の管には、ゴム輪間に止水剤(親水性ポリウレタン)を容易に注入できる構造とし、不測の漏水に対し、管内から二次的に止水ができる。 管体は外圧管と内圧管があり、内圧管は外圧と内水圧が同時に作用する条件で使用できる。     
適用実績
全国で下水道、雨水貯留管、共同溝、さや管、などを中心に実績がある。 平成27年度までの施工実績(延長) ■外圧管 ・標準型 呼び径250~3000 約1940km ・高水密型 呼び径1000~3000 約3km ※標準型の実績には類似する規格の実績を含む。 ■内圧管 ・標準型、高水密型 呼び径800~3000 約6km

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
エコロガード工法ハイブリッド 東京都下水道サービス(株)・日本工営(株)・(株)メーシック 03-3241-0960 PDF
RMA 株式会社ケー・エフ・シー 03-6402-8261 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF
SQS防水材 みらい建設工業株式会社、株式会社ダイフレックス 03-5381-0666 PDF
CSB 中川ヒューム管工業株式会社 029-824-6331 PDF