審査証明技術(概要)

技術名称
ハイブリッドシート工法
副題
特殊ラミネートシートによるコンクリート構造物のはく落防止工法
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2015年(平成27年)03月31日(内容更新 2015年(平成27年)03月31日)
初回審査証明日
2005年(平成17年)03月31日
有効期限
2020年(令和02年)03月30日
技術保有会社
ショーボンド建設株式会社





会社名
ショーボンド建設株式会社
住所
東京都中央区日本橋箱崎町7-8
担当部署
技術本部
連絡先
03-6861-8105
建設分野
道路 橋梁 トンネル
業務分類
施工方法 維持修繕 コンクリート系
キーワード
コンクリート構造物
はく落防止
ラミネートシート
再補修
塩害抑制
中性化抑制
耐候性
工期短縮
省力化
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
TH-010017
概要
「ハイブリッドシート工法」は、コンクリート構造物のコンクリート片はく落防止を目的とした工法であり、再補修性能を有し、付加機能として、塩害、中性化を抑制する性能も有している。従来のコンクリート片はく落防止工法は、現場で繊維シートを含浸接着剤で塗り重ね、FRP層を形成する現場積層型の工法であり、実作業工程数が多く、所要日数が長い。それに対して本工法は、予め工場で製作された特殊ラミネートシートを、エポキシ樹脂系含浸接着剤で一層貼る工程とすることで、実作業工程数を減じ、工期短縮が図れる。
適用実績
平成26年3月 国道31号呉陸橋外補修工事 国土交通省広島国道事務所 2330m2 平成26年4月 平成25年度 42号多気高架橋(P9からP12)耐震補強工事 国土交通省 紀勢国道事務所 1076m2 平成26年4月 港南ひまわりトンネル(内回り・外回り)ほか6か所補修工事 横浜市 1016m2 平成26年5月 奈良線 八戸ノ里駅付近高架橋剥落対策工事 近畿日本鉄道(株) 300m2 平成26年6月 安房天津・安房鴨川間 坂下こ線道路橋補修工事 東日本旅客鉄道(株) 384m2 平成26年11月 東名阪自動車道桑名管内橋梁補修工事(H24年度)中日本高速道路(株) 1027m2"

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
パブリックドレーン 旭化成ジオテック株式会社、東急建設株式会社 03-5652-3909 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF
ガチカムジョイント 新日鐵住金(株) 03-6867-4111 PDF
RMA 株式会社ケー・エフ・シー 03-6402-8261 PDF