JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
ハイメカネジ
副題
鋼管杭の機械式継手
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成28年05月10日(内容更新 平成28年05月10日)
初回審査証明日
平成23年05月10日
有効期限
平成33年05月09日
技術保有会社
JFEスチール(株)





会社名
JFEスチール(株)
住所
東京都千代田区内幸町2-2-3
担当部署
建材センター 建材開発部 土木技術室
連絡先
03-3597-4520
建設分野
材料 建築 橋梁
業務分類
施工方法 鋼材系 実験
キーワード
杭基礎
機械式継手
鋼管杭
無溶接
省力化
工期短縮
回転
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
ハイメカネジは、鋼管杭のネジ継手である。鋼管杭の現場における継杭作業は、溶接接合が一般的だが、①施工時間が比較的長く、鋼管杭の外径あるいは板厚が大きいほどこの傾向が顕著、②雨天・強風時等の荒天下での作業が困難、③品質確保に当たっては、入念な管理および技量の高い溶接工が必要、等の課題があり、溶接に代わる技術の開発が望まれていた。ハイメカネジは、工場にて鋼管杭に取付けられた上で納入され、現場では、ハイメカネジ付き鋼管杭を回転させて嵌合させ、逆回転防止ピンを挿入して嵌合確認をするだけで完了する。適用可能な鋼管杭は外径318.5mmから1,200mmまでとなっており、幅広い構造物へ適用できる。
適用実績
施工時間に厳しい制約がある工事等を中心に、平成10年(1998年)からこれまでに90件あまり(継手数約6,300 Set)の採用実績がある。