JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
ベストグラウトバー
副題
後施工六角ナット定着型せん断補強鉄筋
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成27年11月09日
初回審査証明日
平成27年11月09日
有効期限
平成32年11月08日
技術保有会社
(株)奥村組





会社名
(株)奥村組
住所
大阪府大阪市阿倍野区松崎町二丁目2番2号
担当部署
土木本部 土木統括部 土木企画課
連絡先
06-6625-3893
建設分野
トンネル 共同溝 下水道
業務分類
施工方法 防災 地震
キーワード
後施工
せん断補強鉄筋
耐震補強
六角ナット
可塑性モルタル
充填治具
挿入治具
上向き施工
せん断耐力
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「ベストグラウトバー」は、埋込側先端に六角ナット定着体を装着した後施工せん断補強鉄筋である。部材の片側面のみからの施工が可能で、かつ、可塑性モルタルおよび充填・挿入治具と組み合わせることで、確実な充填と定着性能を確保し、部材のせん断耐力のみを向上させることができる。背面に地盤がある構造物、鉄道・道路等に近接した構造物や施工の合理性が求められる構造物等の地上・地下の既存鉄筋コンクリート構造物の部材(壁、底版、頂版、柱、梁)に対して、片側面からの後施工によるせん断補強の目的で用いる。「ベストグラントバー」には、JIS G 3112に適合する異形鋼棒(鉄筋の種類:SD345とSD390、鉄筋の呼び名:D16~D22)を用いる。
適用実績
平成27年に東京都内の下水道施設の耐震補強工事に適用中である。