JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
かみ合わせ鋼板巻立て工法
副題
無溶接型機械式継手による既設構造物の耐震補強工法
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成27年02月28日
初回審査証明日
平成17年02月28日
有効期限
平成32年02月27日
技術保有会社
清水建設株式会社





会社名
清水建設株式会社
住所
東京都中央区京橋2-16-1
担当部署
土木技術本部 基盤技術部
連絡先
03-3561-3915
建設分野
橋梁 防災 河川
業務分類
防災 鋼材系 維持修繕
キーワード
道路橋
橋脚
耐震補強
プレキャスト
省力化
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
TH-980001
概要
「かみ合わせ鋼板巻立て工法」は、鋼板巻立て工法における鋼板の接合方法として開発された、鋸刃状の機械式継手を用いるものであり、工場生産したコの字型、L字型の成形鋼板で橋脚を囲み、予め成形鋼板の接続縁に工場で溶接されたかみ合わせ継手を機械的に接合して一体化する工法である。無溶接であるため、継手の品質が天候等の環境条件や溶接技術者の技量に影響を受けないこと、鋼板の建込みと同時に接合が完了するため、鋼板を橋脚に仮締めするためのアンカーボルトの打設が省略できること、現場溶接が不要であるために仮設足場が不要なことから、継手品質の安定化および施工の省力化が可能となる。
適用実績
1.平成13年 発注者:東京都 日之出埠頭桟橋補修工事 施工位置:水中 工事数量:柱60本 2.平成15年 発注者:三越 三越本店耐震補強工事 施工位置:建築 工事数量:柱8本 3.平成15年 発注者:新潟県 向山洞門耐震補強工事 施工位置:地上 工事数量:柱26本 4.平成17年 発注者:JR東日本 上越新幹線越後湯沢・長岡間高架橋耐震補強工事 施工位置:地上 工事数量:柱230本 5.平成20年 発注者:国土交通省 言問橋補強工事 施工位置:水中 工事数量:柱2本 6.平成22年 発注者:JR東日本 東北新幹線大宮・小山耐震補強工事 施工位置:地上 工事数量:柱638本 7.平成23年 発注者:JR西日本 博多駅耐震補強工事 施工位置:地上 工事数量:柱243本