JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
S-VHS工法
副題
斜面スリット型透過式ケーソン
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成25年12月26日
初回審査証明日
平成20年12月26日
有効期限
平成30年12月25日
技術保有会社
五洋建設株式会社





会社名
五洋建設株式会社
住所
東京都文京区後楽2-2-8
担当部署
土木部門土木本部土木設計部
連絡先
03-3817-7655
建設分野
海岸 防災 河川
業務分類
コンクリート系 防災 施工方法
キーワード
海域制御構造物
海岸保全施設
有脚式構造
浸食対策
防災施設
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「S-VHS工法」とは,静穏域の創造と海域の高度利用を目的として開発した新型海域制御構造物として実海域に適用されてきた従来型VHS工法の課題を解消すると同時に,機能性・施工性・経済性の向上を目的として改良した工法である.この工法の特徴は,1)従来型VHS工法の堤体上部を斜面構造として作用波力の低減を図る,2)躯体の支持杭を先行打設することで躯体の仮置に必要とした捨石工を省いたことにあって、これにより従来型VHS工法と同様,所定の消波性能を確保するために必要となる躯体構造の大幅な軽量化と施工性の向上を図り,耐波浪安定性・施工性・経済性を向上させた構造形式である.
適用実績
平成21年度下新川海岸生地新型離岸堤工事(100m/基×1基) 平成22年度駿河海岸一色離岸堤工事(150m/基×1基) 平成23年度下新川海岸生地有脚式離岸堤工事(100m/基×1基) 平成23年度下新川海岸越湖有脚式離岸堤工事(100m/基×1基)