審査証明技術(概要)

技術名称
セラミックキャップバー(CCb)
副題
後施工セラミック定着型せん断補強鉄筋
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2014年(平成26年)02月03日(内容更新 2014年(平成26年)08月25日)
初回審査証明日
2009年(平成21年)02月03日
有効期限
2019年(平成31年)02月02日 (期限切れ)
技術保有会社
鹿島建設株式会社、カジマ・リノベイト株式会社





会社名
鹿島建設株式会社
住所
東京都港区赤坂6-5-11
担当部署
土木管理本部 土木技術部
連絡先
03-5544-0499
建設分野
下水道 道路 共同溝
業務分類
地震 施工方法 防災
キーワード
せん断補強
地下構造物
セラミック
耐震補強
取水路
放水路
ボックスカルバート
下水道施設
上水道施設
水門施設
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KT-120076
概要
「セラミックキャップバー(CCb)」は,ねじ節鉄筋にセラミック製の定着体を設置した後施工せん断補強鉄筋です.主として構造物の内側からしか施工できない地下構造物の耐震補強に適用します.CCbでは,耐食性に優れるセラミック製定着体をコンクリート部材の表面付近に配置できるため,塩害や腐食環境下でも定着部の耐久性を確保すると共に,優れたせん断補強効率を実現できます.使用する鉄筋の呼び名はD13~D32で,設計マニュアルに基づき,鉄筋の直径と壁厚に応じてCCbのせん断補強鉄筋としての有効率を算定し,せん断耐力を評価します.構造物の配筋状況や施工環境に応じて2種類の定着体を適切に組合わせて使用します.
適用実績
石川県 加賀沿岸流域下水道(大聖寺川処理区)ポンプ場整備工事耐震補強その1(2011年1月) 京都市 鳥羽水環境保全センター受泥施設機械設備工事(2011年12月) 秋田市 豊岩浄水場耐震補強 (2012年12月) 横浜市 金沢水再生センター汚泥処理施設第一受泥棟整備工事(2012年12月) 国土交通省 宮田川堤防嵩上(1工区)外工事(2013年1月) 下水道事業団 米沢市浄化管理センター建設改築工事 (2013年7月) 東京都 三河島水再生センター簡易放流渠耐震補強工事(2014年1月) 阪神高速道路会社 三宝ジャンクション基礎耐震補強工事(2014年2月) 下水道事業団 尼崎市東部浄化センター建設工事その2(2014年5月)

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
エコロガード工法ハイブリッド 東京都下水道サービス(株)・日本工営(株)・(株)メーシック 03-3241-0960 PDF
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
パブリックドレーン 旭化成ジオテック株式会社、東急建設株式会社 03-5652-3909 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF
RMA 株式会社ケー・エフ・シー 03-6402-8261 PDF