JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
フリップバー
副題
プレートを摩擦圧接(FRIP定着工法)した機械式定着筋
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成26年04月23日(内容更新 平成26年04月23日)
初回審査証明日
平成21年04月23日
有効期限
平成31年04月22日
技術保有会社
株式会社安藤・間、株式会社伊藤製鐵所





会社名
株式会社伊藤製鐵所
住所
東京都千代田区岩本町3-2-4
担当部署
技術開発部
連絡先
03-5829-4630
建設分野
橋梁 材料 道路
業務分類
鋼材系 その他 施工方法
キーワード
機械式定着
摩擦圧接
中間帯鉄筋
せん断補強鉄筋
横方向鉄筋
変形性能
鉄筋
コンクリート
半円形フック
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KT120001A
概要
「フリップバー」は、鉄筋の端部に定着具と称するプレート(円形非調質鋼材)を摩擦圧接(FRIP定着工法)により設置した機械式定着筋です。 「フリップバー」は、コンクリート部材のスターラップおよび中間帯鉄筋に従来の標準フック代替として使用することで、鉄筋配筋工程の削減が可能となります。また、他の接合部材などを用いない一体物であることから配筋場所での付加作業(プレート・ナットのセット、モルタル・樹脂充填など)が不要であり、施工面で優れています。 定着具は施工条件に応じて、両端に定着具を設ける場合、片端に定着具を設けてもう一方は標準の半円形フック鉄筋とする場合などと自由に選択できます。
適用実績
平成22年度:橋梁下部工(3件),ボックスカルバート(1件) 平成23年度:橋梁下部工(1件) 平成24年度:橋梁下部工(7件),ボックスカルバート(2件),       床・側壁(2件),深礎杭(1件),よう壁(1件),       耐圧盤(1件) 平成25年度:橋梁下部工(3件),床・側壁(2件),深礎杭(1件)