JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
セフティクレイ
副題
浄水汚泥を原料とする粒状改良土
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成25年11月25日
初回審査証明日
平成20年11月25日
有効期限
平成30年11月24日
技術保有会社
株式会社GEC、株式会社クレーベスト、ラサテック株式会社





会社名
株式会社クレーベスト
住所
東京都八王子市鑓水570番地
担当部署
連絡先
042-670-8166
建設分野
材料
業務分類
その他
キーワード
粒状
改良土
埋戻し
浄水汚泥
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
年間約28万トン発生する浄水汚泥の有効利用をはかり、採取が困難となってきている山砂・川砂の代替材として埋設管工事の埋戻し用材に利用できる。「セフティクレイ」は、転圧前の状態では粒状土の性状を有し、透水性がよい。相当期間雨水に暴露あるいは水浸しても泥土化しない。出荷時の様態は「発生土利用技術基準について」における土質区分の第2種改良土相当である。道路部で施工される上下水道管、ガス管、電気・通信等のケーブル埋設工事に伴なう埋戻し用材として有効に利用でき、敷均し転圧によって路床・路体の復旧材として所定の締固め強度が得られる。また転圧が不可能な多段多状埋設管の空隙を埋め戻す際、水締めが適用できる。
適用実績
上下水道工事、電気工事、ガス管工事等における埋戻し。