審査証明技術(概要)

技術名称
TRIGRID EX (EX-40,60,80,100,150,200)
副題
盛土・地盤補強用ジオグリッド
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2013年(平成25年)12月10日(内容更新 2017年(平成29年)06月05日)
初回審査証明日
2008年(平成20年)12月10日
有効期限
2018年(平成30年)12月09日 (期限切れ)
技術保有会社
岡三リビック株式会社





会社名
岡三リビック株式会社
住所
東京都港区港南1-8-27 日新ビル10F
担当部署
技術開発部
連絡先
03-5782-9085
建設分野
公園 砂防 道路
業務分類
施工方法 防災 新素材
キーワード
ジオグリッド
ジオテキスタイル
補強盛土
補強土壁
急勾配盛土
軟弱地盤
壁面材
補強材
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KT110039A
概要
「TRIGRID EX」は高強度ポリエステル繊維を芯材とし、ポリプロピレン樹脂を被覆材として複合させてストランド(紐材)を作り、ストランドを縦横平織りの立体格子構造(グリッド)に構成し交点を溶着させて製造した盛土・地盤補強用ジオグリッドです。高強度ポリエステル繊維を耐久性に富むポリプロピレン樹脂で被覆することにより、十分な耐衝撃性・耐薬品性を有し、長期の荷重に対しても十分なクリープ特性を有しています。また土との摩擦特性に優れ、土と一体化して補強土の安定性を向上させます。さらに柔軟性に優れており、現場作業において扱い易い材料です。
適用実績
平成20年長崎県平戸市役所で道路盛土工事に適用。 平成21年福島河川国道事務所にて道路改良に使用。 平成21年相模川水系広域ダム管理事務所にて管理道路新設に使用。 平成22年佐賀県嘉瀬川ダム工事事務所にて工事用施設整備に使用。 平成22年NEXCO中日本にて自動車道新設に使用。 平成23年長野県松本市役所にて市営駐車場整備に使用。 平成24年岡山県倉敷市にて都市計画道路に使用。 平成24年NEXCO中日本の新東名高速道路に使用。 平成25年土佐国道事務所にて道路改良に使用。 平成25年NEXCO西日本の新名神高速道路に使用。 平成25年熊本河川国道事務所にて道路改良に使用。

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
パブリックドレーン 旭化成ジオテック株式会社、東急建設株式会社 03-5652-3909 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF
Head-bar 大成建設株式会社、VSL JAPAN株式会社 03-3346-8913 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF