JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
SRAC工法
副題
ねじ節鉄筋継手同列配置工法
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成29年06月19日
初回審査証明日
平成29年06月19日
有効期限
平成34年06月18日
技術保有会社
東京鉄鋼株式会社





会社名
東京鉄鋼株式会社
住所
栃木県小山市横倉新田520番地
担当部署
開発部 製品開発課
連絡先
0285-28-1771
建設分野
トンネル 材料 道路
業務分類
コンクリート系 鋼材系 施工管理
キーワード
壁部材
ボックスカルバート
連続壁
擁壁
橋台パラペット
ねじ節鉄筋継手
同列配置
A級継手
塑性ヒンジ部
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
従来、土木構造物では、隣接する継手は、鉄筋直径の25倍と継手長さ分を相互にずらして配置(千鳥配置)することが原則とされている。一方、「SRAC工法」は、ボックスカルバートや連続壁、擁壁、橋台パラペットの壁部材(壁式橋脚は除く)を対象とし、東京鉄鋼製のA級性能を有するねじ節鉄筋継手を塑性ヒンジ部または応力の大きい箇所から外した同一断面に配置(同列配置)させることができる工法である。「SRAC工法」を適用した部材は、継手を設けない部材と同等以上の耐力および変形性能を有する。
適用実績
特になし