JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
RMA
副題
あと施工型せん断補強用無機系モルタルカプセルおよびせん断補強鉄筋
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成29年08月06日(内容更新 平成29年08月06日)
初回審査証明日
平成24年08月06日
有効期限
平成34年08月05日
技術保有会社
株式会社ケー・エフ・シー





会社名
株式会社ケー・エフ・シー
住所
東京都港区芝公園2-4-1
担当部署
東京ファスナー部 
連絡先
03-6402-8261
建設分野
トンネル 共同溝 下水道
業務分類
施工方法 防災 地震
キーワード
耐震補強
せん断補強
片側
あと施工
モルタルカプセル
工期
ボックスカルバート
レベル2地震動
有効率
継手
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「RMA」は、補強が難しいとされていた供用中の既設構造物に対して、部材の片側からのみの補強施工が可能で、かつ、せん断耐力のみを向上させて、所要の地震時の安全性を確保することができ、グラウト作業の軽減、モルタルの品質の安定化を図り、効率的かつ容易に施工ができるあと施工せん断補強に用いる定着材およびせん断補強鉄筋である。「RMA」を用いてあと施工補強したせん断耐力の補強効果を、標準の半円形フック鉄筋でせん断補強した部材のせん断補強鉄筋によるせん断耐力寄与分に有効率を乗じたものとして評価できる。
適用実績
広島トンネル地下耐震補強工事(国土交通省)、越谷市千間第一ポンプ場、岡崎市早川雨水ポンプ場(日本下水道事業団)、高見機場耐震補強工事(水資源機構)、桂川右岸流域下水道洛西浄化センター建設工事(京都府)、県南浄化センター沈砂池ポンプ棟耐震化(改築)土木工事、気仙沼漁港浄化処理施設改築工事(宮城県)函館湾流域下水道浄化センター(函館市)、川崎港海底トンネル本体改良工事(川崎市)、下阪本第2中継ポンプ場耐震補強工事(大津市)、神戸5拡送水トンネル更新工事(神戸市)、晴海給水所配水池耐震補強工事(東京都)、正蓮寺川水門補強工事(大阪府)、伊都浄化センター処理施設耐震補強工事(和歌山県)等、510物件