審査証明技術(概要)

技術名称
KPアンカー
副題
頭部の目視管理が可能なカプセルタイプアンカー
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2017年(平成29年)09月03日(内容更新 2017年(平成29年)09月03日)
初回審査証明日
2012年(平成24年)09月03日
有効期限
2022年(令和04年)09月02日
技術保有会社
弘和産業株式会社、KJSエンジニアリング株式会社





会社名
KJSエンジニアリング株式会社
住所
東京都青梅市今井3-3-12
担当部署
連絡先
0428-30-3450
建設分野
砂防 道路 防災
業務分類
防災 地盤材料系 新素材
キーワード
アンカー
維持管理
地すべり
斜面崩壊対策
補修
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「KP(Kowa Permanent)アンカー」は、JIS G 3536に規定されたPC鋼より線を使用したカプセルタイプの摩擦引張り型アンカーです。アンカー体部はKPシースを用いた防食構造、アンカー頭部および頭部背面は防錆油の充填で遮水できる構造で、高い水密性、防食性能を有している。「KPアンカー」は、確認窓を有した目視管理可能なアンカー頭部となっており、1)窓付止水具、2)目視管理型ヘッドキャップの選択が可能となっている。このことから、アンカーの維持管理調査で行われている頭部露出調査の内容を、点検時に確認できることから、アンカーの維持管理を効率良く実施でき、管理コストを縮減できる。
適用実績
平成23年12月:大分県西部振興局にて地滑り対策工事で採用 平成24年2月:岐阜県下呂農林事務所にて斜面崩壊防止工事で採用 平成24年2月:国土交通省岡山国道工事にて斜面崩壊防止工事で採用 平成24年5月:日立市にて震災による斜面災害現場で採用 平成25年10月:国土交通省山形河川国道事務所にて地滑り対策工事で採用 平成26年8月:鹿児島県大隅地方振興局にて斜面安定工事で採用 平成27年5月:国土交通省山形河川国道事務所にて法面保護工事で採用 平成28年1月:山梨県峡南建設事務所にて地滑り対策工事で採用 平成29年1月:大分県佐伯土木事務所にて斜面安定工事で採用

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
パブリックドレーン 旭化成ジオテック株式会社、東急建設株式会社 03-5652-3909 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF
Head-bar 大成建設株式会社、VSL JAPAN株式会社 03-3346-8913 PDF