JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
T・P JOINT
副題
既製コンクリート杭の機械式継手
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成29年12月18日
初回審査証明日
平成29年12月18日
有効期限
平成34年12月17日
技術保有会社
㈱トーヨーアサノ他20社





会社名
日本コンクリート工業株式会社
住所
東京都港区芝浦4-6-14(NC芝浦ビル)
担当部署
技術開発部
連絡先
03-3452-1065
建設分野
道路 橋梁 材料
業務分類
地震 施工方法 コンクリート系
キーワード
既製コンクリート杭
機械式継手
基礎
接続プレート
接続ボルト
嵌合
三分割
ネジ
施工時間短縮
溶接式継手
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「T・P JOINT」は、既製コンクリート杭に用いる機械式継手である。本継手は、あらかじめ杭本体に取り付けられた端板と側板、ならびに、接続プレート、接続ボルト、接続ワッシャー、ガイドピンから構成される。下杭と上杭それぞれの接合面外周部分の凸型突起と、接続プレートの凹型を嵌合する。接続プレートは、杭の円周方向に三分割の構造で、側板のネジ孔に接続ボルトで締め付けることにより上下杭が一体化するようになっている。本継手は従来の溶接による継手と比べ、特殊な技能や設備を要しないので杭の接続時において品質管理が容易であり、気象条件(雨、風、気温等)の影響も受けにくい。また、施工時間を短縮することが出来る。
適用実績
平成20年度~平成26年度までに、国土交通省直轄工事をはじめ、水処理場や発電所などを中心に合計41工事、総継手箇所数3076箇所の施工実績がある。