審査証明技術(概要)

技術名称
HBサンド
副題
PS灰と泥土を再利用した粒状地盤材料
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2018年(平成30年)02月04日(内容更新 2018年(平成30年)02月04日)
初回審査証明日
2008年(平成20年)02月04日
有効期限
2023年(令和05年)02月03日
技術保有会社
清水建設株式会社、三興開発株式会社





会社名
三興開発株式会社
住所
静岡県富士市五貫島1320
担当部署
富士HBソイルセンター
連絡先
0545-61-2229
建設分野
道路 環境 材料
業務分類
地盤材料系 施工管理 新素材
キーワード
PS灰
泥土
リサイクル
地盤材料
路床
路体
埋戻し
土地造成
盛土
裏込め
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「HBサンド」は、2種類の廃棄物-山砂製造時に排出される泥土、および古紙リサイクル工程で発生するPS灰-を原料として組合せて、固化材・混和材を添加しながら混合・造粒して製造する軽量の粒状地盤材料である。 PS灰と採石粘土の特長を活かしながら最適な量で配合することで、強度、施工性、コスト競争力の高い地盤材料であるHBサンドが完成した。平均粒径0.8~1.7mmであり、盛土、構造物の裏込め・埋戻し、土地造成、路床・路体などの用途に対して、砂質土と同様の設計および施工を行うことができる。
適用実績
清水LNG地下式貯槽建設工事(H18) 清水LNG袖師基地第三期増設工事(H19) 東名高速道路清水地区函渠工事(H20) 東駿河湾広域都市計画事業電線共同溝整備工事(H21) (財)富士脳障害研究所附属病院本館新築工事開発造成工事(H23) ㈱富士環境保全公社廃棄物最終処分場(管理型)建設工事(H23~24) 新富士インター城山線新設工事(H25~26) 障害防止東富士地区東富士幹線用水路1工事(H28) 【公共工事実績】  平成20~25年度 公共工事;1362件  平成26年度   公共工事;150件  平成27年度   公共工事;160件  平成28年度   公共工事;158件

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
パブリックドレーン 旭化成ジオテック株式会社、東急建設株式会社 03-5652-3909 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF
ガチカムジョイント 新日鐵住金(株) 03-6867-4111 PDF
イースターマット 日新産業㈱ 058-247-7529 PDF