審査証明技術(概要)

技術名称
箱型擁壁
副題
可撓性を有するもたれ式擁壁
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2019年(平成31年)03月31日(内容更新 2019年(平成31年)03月31日)
初回審査証明日
2004年(平成16年)03月31日
有効期限
2024年(令和06年)03月30日
技術保有会社
株式会社箱型擁壁研究所、昭和コンクリート工業株式会社





会社名
株式会社箱型擁壁研究所
住所
岐阜県岐阜市香蘭1丁目1番地
担当部署
技術部
連絡先
058-201-0150
建設分野
河川 道路 防災
業務分類
地震 防災 コンクリート系
キーワード
高耐震性
高排水性
工期短縮
災害復旧
寺勾配
リサイクル
緑化
曲線
擁壁
鉄筋コンクリート
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「箱型擁壁」は、箱型形状をしたプレキャスト材(箱体)と単粒度砕石類を用いた充填材および連結材からなる。各段の箱体を設置した後に、4層に分けて充填材を締め固めながら空積みで積み上げる「箱型擁壁」は、箱体~充填材(中詰め部、裏込め部)の全体で擁壁として機能し、箱体前面の小段に植生を施せば環境や景観に配慮した擁壁となる。「箱型擁壁」は想定される荷重に対する十分な部材の構造特性を持ち、常時および地震時における十分な安定性を有する。「箱型擁壁」は寺勾配や、コーナー部、曲線部、縦断勾配の施工が容易であり、緑化が可能な擁壁を提供する。
適用実績
初施工は平成4年に岐阜県内の広域生活環境保全改良工事で、平成31年2月現在の擁壁高さ8m未満の実績は1451件、8m以上10m未満は642件である。発注者別の比率では、国関係(国土交通省、農林水産省など)が9%、都道府県が41%、市町村が41%、民間が9%と幅広い。 用途別には、道路擁壁として86%、河川・湖沼擁壁として5%、公共・民間の造成として6%、その他3%となっている。植生に関しては、ツタ類・低中木での緑化、災害復旧の採用例が多い。

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
UCB 株式会社ビービーエム 03-3517-9864 PDF
ガチカムジョイント 新日鐵住金(株) 03-6867-4111 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF
ラップストーン工法 環境工学株式会社 042-525-7151 PDF