審査証明技術(概要)

技術名称
CFアンカー
副題
炭素繊維シート端部定着材料
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2016年(平成28年)11月10日(内容更新 2019年(令和01年)06月27日)
初回審査証明日
2006年(平成18年)11月10日
有効期限
2021年(令和03年)11月09日
技術保有会社
清水建設(株)、日鉄ケミカル&マテリアル(株)、三菱ケミカルインフラテック(株)





会社名
清水建設株式会社
住所
東京都中央区京橋2ー16ー1
担当部署
土木総本部 土木技術本部 基盤技術部
連絡先
03-3561-3915
建設分野
橋梁 下水道 防災
業務分類
地震 維持修繕 新素材
キーワード
耐震補強
橋梁
高架橋
炭素繊維シート
端部定着材料
下水処理場
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「CFアンカー」は、炭素繊維シートを用いた耐震補強の内、炭素繊維シートの巻立てが困難な場合の炭素繊維シート端部定着材料である。道路・鉄道分野の橋梁や高架橋におけるコンクリート構造物(橋脚や桁など)の補強は、鋼板巻立てやコンクリート増打ち工法が一般的であるが、最近では桁や柱部材に対する外形寸法や重量の増加がほとんどなく、施工が簡便な炭素繊維シートによる補強工法の適用が増えている。炭素繊維シートによる補強工法は、一般に部材を閉鎖型に巻立てるものであり、これが難しい場合には炭素繊維シート端部を鋼製ブラケットや鋼板とアンカーボルトなどで定着する必要がある。「CFアンカー」は、これら鋼材の代替材料である。
適用実績
1.2015年12月~2016年1月まで、飯石広域農道   祝原大橋の橋脚補強工事に適用 2.2016年8月~2017年1月まで、八戸環状線   白山台大橋の橋脚補修工事に適用 3.2017年5月~2017年6月まで、柳町根城線   柳橋橋梁の橋脚補修工事に適用 4.2017年11月~2018年2月まで、三遠南信自動車道   矢筈高架橋の床版補強工事に適用 5.2018年2月~2018年2月まで、大分自動車道   松葉川橋の橋脚補修工事に適用 6.2018年2月~2018年3月まで、八丈循環線   逢坂橋の床版補修工事に適用   <計200件以上の実績有り>

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
UCB 株式会社ビービーエム 03-3517-9864 PDF
エコロガード工法ハイブリッド 東京都下水道サービス(株)・日本工営(株)・(株)メーシック 03-3241-0960 PDF
ガチカムジョイント 新日鐵住金(株) 03-6867-4111 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF