審査証明技術(概要)

技術名称
親杭パネル壁
副題
山留め式擁壁
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2015年(平成27年)12月01日
初回審査証明日
2005年(平成17年)12月01日
有効期限
2020年(令和02年)11月30日
技術保有会社
日特建設株式会社、日本コンクリート工業株式会社





会社名
日本コンクリート工業株式会社
住所
東京都港区芝浦4丁目6番14号
担当部署
技術開発部 都市基盤技術グループ
連絡先
03-3452-1037
建設分野
道路 防災 材料
業務分類
施工方法 維持修繕 コンクリート系
キーワード
擁壁
親杭
親杭パネル
山留め
長大法面縮小化
拡幅
コンクリートブロック
山留め式擁壁
土留め
道路拡幅
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
CB-990007-V
概要
本技術は、コンクリートプレキャスト製壁面部材である「親杭パネル」と、H鋼等の「親杭」およびアンカー等の「控え材」から成り、山留め式擁壁に分類される。基礎の掘削範囲が広く、掘削土量が多くなる従来のコンクリート擁壁や補強土擁壁に比較して、切土量や残土発生量を少なくでき、危険な急峻地形でも作業工程の簡素化や工期短縮をはかることができる特徴を持っている。(証明結果の要旨)①山留め式擁壁として十分な強度を有していること。②控え材を併用した構造が可能であること。③形状・表面は景観性が考慮されていること。④基礎掘削範囲や背面切土量の低減が可能であること。⑤作業の簡素化、工期短縮が可能なこと。
適用実績
平成05年10月 八王子市松子舞公園改修工事 平成09年06月 静岡県道平山・草薙停車場線道路改良工事 平成10年01月 新丸山ダム杣沢小洞線工事(技術パイロット事業) 平成11年12月 長野県国道19号栃沢防災工事 平成12年03月 秩父・名栗線道路改築工事 平成16年01月 東海北陸自動車道美濃関JCT補助車線 平成19年11月 国道2号線岡山市内立体福富西交差点改良工事 平成20年02月 津軽ダム工事用道路おんな坂地区改良工事 平成21年10月 一般国道342号茂庭沢地区道路災害関連工事 平成24年12月 新東名高速道大和田地区落石対策工事 平成26年03月 国道25号線五月橋IC改良工事 平成26年06月 東北自動車道福島JCT Aランプ 平成26年08月 一般国道499号道路改良工事 平成27年08月 新三国トンネルトンネル改良その2工事

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
UCB 株式会社ビービーエム 03-3517-9864 PDF
イースターマット 日新産業㈱ 058-247-7529 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF
ガチカムジョイント 新日鐵住金(株) 03-6867-4111 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF