審査証明技術(概要)

技術名称
クリスタルライニング工法
副題
下水道施設の修繕工法
認定機関
(公財)日本下水道新技術機構
審査証明日
2017年(平成29年)03月07日(内容更新 2017年(平成29年)03月07日)
初回審査証明日
2007年(平成19年)03月02日
有効期限
2022年(令和04年)03月31日
技術保有会社
東洋化工機(株)





会社名
東洋化工機(株)
住所
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通八丁目9番地1
担当部署
連絡先
052-918-2555
建設分野
下水道 トンネル
業務分類
維持修繕 コンクリート系 新素材
キーワード
下水道
修繕
補修
コンクリート
浸入水
維持管理
湿潤
塗布型ライニング
止水
防食
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
クリスタルライニング工法は,水中でも接着して硬化する性質を持っているクリスタルライニング材を使用し,止水あるいは防食を行う,機械を使用しない人力施工による工法である。 止水の場合は,浸入水部分のクラックやジョイント部に沿ってVカットし,特殊水性エポキシ樹脂を混入した急結セメントで,止水した表面にクリスタルライニング材を塗布し,ガラスクロスを積層させて仕上げ,強接着ライニング層を設ける工法である。 防食は,(地共)日本下水道事業団「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル」:塗布型ライニング工法( C ・ D 種)の品質規格に適合する防食ライニング工法である。
適用実績
平成23年度:止水 4,850m 防食 5,500㎡ 平成24年度:止水 6,200m 防食 7,050㎡ 平成25年度:止水 4,100m 防食 3,000㎡ 平成26年度:止水 4,000m 防食 3,100㎡ 平成27年度:止水 4,300m 防食 3,650㎡

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
SEW工法 株式会社錢高組、積水化学工業株式会社 03-5210-2440 PDF
Wジョイント管 藤村ヒューム管株式会社 0257-22-3144 PDF
FRP内面補強工法(光硬化) 東亜グラウト工業(株)・エスジーシー下水道センター(株) 03-3355-3951 PDF
CFアンカー 清水建設(株)、日鉄ケミカル&マテリアル(株)、三菱ケミカルインフラテック(株) 03-3561-3915 PDF
TTJ工法 帝国ヒューム管東日本(株)・吾嬬ゴム工業(株) 03-5733-2120 PDF