審査証明技術(概要)

技術名称
Head-bar
副題
プレート定着型せん断補強鉄筋
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2019年(令和01年)09月30日
初回審査証明日
2004年(平成16年)09月30日
有効期限
2024年(令和06年)09月29日
技術保有会社
大成建設株式会社、VSL JAPAN株式会社





会社名
VSL JAPAN株式会社 
住所
東京都新宿区西新宿3-2-26
担当部署
Head-bar事業本部
連絡先
03-3346-8913
建設分野
道路 橋梁 材料
業務分類
施工方法 コンクリート系 鋼材系
キーワード
せん断補強鉄筋 
中間帯鉄筋 
軸方向鉄筋
摩擦圧接 
半円形フック 
コンクリート拘束効果 
座掘防止効果 
プレート定着 
耐震性能 
交番載荷実験
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
プレート定着型せん断補強鉄筋「Head-bar」は、せん断補強鉄筋および中間帯鉄筋などに用いるために、従来の半円形フックの代替として、摩擦圧接技術により鉄筋に取り付けたプレートにより定着を確保する構造の鉄筋であり、施工性と耐震性能を同時に実現する。2012年には橋脚を模擬した試験体で半円形フックとの変形性能に関する比較試験を行い、軸方向鉄筋の座屈抑止効果および部材の靭性が、破壊までの挙動を含めて半円形フックと比較して同等以上であることが確認されており、横拘束鉄筋としても使用可能である。また、プレートの指圧効果による定着を利用した軸方向鉄筋への適用が可能である。
適用実績
1998年 3月 和田弥生幹線工事 1999年11月 港南幹線工事 2000年 1月 臨海副都心線天王洲駅新設工事 2002年 3月 MM21線横浜地下鉄駅中央部工事 2008年 3月 大橋ジャンクション北工事 2010年 6月 仙台市高速鉄道東西線工事 2011年 3月 阪神高速 海老江JCT工事 2011年12月 新名神高速道路 武庫川工事 2013年 3月 357東京港トンネル工事 2015月 3月 大間原子力発電所新設工事 2016年 2月 大江戸線勝どき改良工事 2018年 6月 川内原発原子炉安全補助施設設置工事 2019年 9月末現在 納入累計本数 5,000万本

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
UCB 株式会社ビービーエム 03-3517-9864 PDF
イースターマット 日新産業㈱ 058-247-7529 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF
ガチカムジョイント 新日鐵住金(株) 03-6867-4111 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF