審査証明技術(概要)

技術名称
プレートフック鉄筋
副題
ネジ式プレート定着型せん断補強鉄筋
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2020年(令和02年)11月09日(内容更新 2020年(令和02年)11月09日)
初回審査証明日
2005年(平成17年)11月09日
有効期限
2025年(令和07年)11月08日
技術保有会社
鹿島建設株式会社、東京鉄鋼株式会社





会社名
東京鉄鋼株式会社
住所
東京都千代田区富士見2-7-2 ステージングビルディング11階
担当部署
ネジ加工品事業部 技術部
連絡先
03-5276-9707
建設分野
材料 橋梁 道路
業務分類
施工方法 コンクリート系 鋼材系
キーワード
鉄筋コンクリート
せん断補強鉄筋
拘束鉄筋
中間帯鉄筋
座屈防止
半円形フック
プレート定着
定着性能
機械式定着
ねじふし鉄筋
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「プレートフック鉄筋」は、せん断補強鉄筋および中間帯鉄筋などに用いるために、鉄筋に取り付けた定着具(以下,プレートフック)がコンクリートに定着することにより、せん断力に抵抗し、かつ主鉄筋を拘束して部材の靭性を確保する構造の鉄筋である。また、従来の半円形フックと同等かまたはそれ以上の性能を有する。 「プレートフック鉄筋」は、ねじ節鉄筋の端部にプレートフックを螺合させグラウト(樹脂系または無機系)を充填し固定する。 「プレートフック鉄筋」は、配筋状況や施工性に応じて、鉄筋の片端にプレートフックを取り付けるタイプ、両端にプレートフックを取り付けるタイプを自由に選択することができる。
適用実績
2016年に神奈川県内で道路橋梁橋台の鉄筋工事に適用 2017年に新潟県内で発電設備の壁の鉄筋工事に適用 2018年に東京都内で道路橋梁橋台の鉄筋工事に適用 2019年に神奈川県内で道路橋脚基礎の鉄筋工事に適用 2020年に群馬県内で発電設備基礎の鉄筋工事に適用

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
箱型擁壁 株式会社箱型擁壁研究所、昭和コンクリート工業株式会社 058-201-0150 PDF
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
ナットバー 株式会社大林組 03-5769-1062 PDF
KCフォーム インフラテック株式会社 099-252-9911 PDF
SQS防水材 株式会社ダイフレックス、みらい建設工業株式会社、株式会社サーフェステクノロジー 03-6811-0813 PDF