審査証明技術(概要)

技術名称
ガチカムジョイント
副題
鋼管杭・鋼管矢板の機械式継手
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2021年(令和03年)02月15日(内容更新 2021年(令和03年)02月15日)
初回審査証明日
2016年(平成28年)02月15日
有効期限
2026年(令和08年)02月14日
技術保有会社
日本製鉄株式会社





会社名
日本製鉄株式会社
住所
東京都千代田区丸の内2-6-1
担当部署
建材開発技術部 
連絡先
03-6867-4111
建設分野
河川 橋梁 材料
業務分類
施工管理 施工方法 鋼材系
キーワード
機械式継手
無溶接
現場接合
工期短縮
省力化
コスト縮減
杭基礎
杭工法
鋼管杭
鋼管矢板
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「ガチカムジョイント」は、鋼管杭・鋼管矢板の現場接合に用いる機械式継手であり、ピン継手とボックス継手、回転抑止部材から構成される。ピン継手は外面に、ボックス継手は内面にそれぞれ4段のギアを有する構造で、これらのギア同士が噛み合うことで荷重を伝達する。本継手の適用範囲は鋼管径400から1600mm、板厚6から30mm、SKK400、SKK490に加えて570N/mm2級の鋼管への対応も可能となった。従来の現場溶接継手と比べて鋼管杭の施工時間を短縮でき、接合作業に特別な装置が不要であり、天候や施工者の技量によらず現場接合の品質確保が可能である。
適用実績
2019年11月/三重県鉄道橋基礎、2019年8月/福井県鉄道橋基礎、2019年6月/新潟県仮設桟橋、2019年6月/静岡県道路橋基礎、2018年4月/和歌山県鉄道橋耐震補強、2016年8月/福岡県民間工事

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
箱型擁壁 株式会社箱型擁壁研究所、昭和コンクリート工業株式会社 058-201-0150 PDF
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
KCフォーム インフラテック株式会社 099-252-9911 PDF
SQS防水材 株式会社ダイフレックス、みらい建設工業株式会社、株式会社サーフェステクノロジー 03-6811-0813 PDF
DANK工法 三谷セキサン株式会社 03-5821-1122 PDF