審査証明技術(概要)

技術名称
ダクタルフォーム
副題
超高強度繊維補強コンクリートを用いた高耐久性薄肉埋設型枠
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2022年(令和04年)03月28日
初回審査証明日
2002年(平成14年)03月28日
有効期限
2027年(令和09年)03月27日
技術保有会社
太平洋セメント株式会社





会社名
太平洋セメント株式会社
住所
東京都文京区小石川一丁目1番1号
担当部署
セメント事業本部 営業部 営業推進グループ
連絡先
03-5801-0316
建設分野
河川 ダム 橋梁
業務分類
仮設工(架設も含む) 維持修繕 コンクリート系
キーワード
超高強度繊維補強コンクリート
高耐久性
耐塩害性
耐磨耗性       
耐衝撃性       
薄肉埋設型枠
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「ダクタルフォーム」は超高強度繊維補強コンクリート「ダクタル」を用いた高耐久性薄肉埋設型枠である。「ダクタルフォーム」の特徴を以下にあげる。①型枠材としてコンクリート打設時の側圧に対し十分な強度、剛性を有する。②現場打ちコンクリートと一体性を図るための付着層を設けており、鉄筋のかぶりとして考慮でき、かつ圧縮部材の有効断面として適用できる。③水粉体比が極めて低く緻密な基材であるため、塩害、磨耗、凍結融解、中性化作用に対し高い抵抗性を有する。④構造物の形状に合わせて製作するため、施工の省力化が図れる。上記特徴により、多くの塩害、磨耗等劣化作用を受ける橋梁下部工、ダム通水口、魚道等に採用されている。
適用実績
2022年 東北農政局 名取川頭首工補修工事 2021年 JR信濃川発電所 山本調整池堰柱補修工事 2021年 大分県 玉来ダム本体工事 2021年 北陸農政局 加治川用水農業水利事業乙見江 2021年 関東農政局 釜無川国営施設機能保全事業徳島頭首工 2020年 東北農政局 八方頭首工補修工事 2020年 静岡県 中堰頭首工地区堰表面補強1工事 2020年 北海道開発局 網走川応急対策事業 2020年 静岡県 新々富士川橋梁下部工工事 2019年 東海農政局 粟生頭首工下流エプロン補修その他工事 2019年 北海道開発局 大雪頭首工補修工事 2018年 北海道開発局 一般国道336号広尾町波浪対策

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
箱型擁壁 株式会社箱型擁壁研究所、昭和コンクリート工業株式会社 058-201-0150 PDF
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
SQS防水材 株式会社ダイフレックス、みらい建設工業株式会社、株式会社サーフェステクノロジー 03-6811-0813 PDF
DANK工法 三谷セキサン株式会社 03-5821-1122 PDF
フリップバー 株式会社安藤・間、株式会社伊藤製鐵所 03-5829-4630 PDF