審査証明技術(概要)

技術名称
タフZ10
副題
鉄鋼用耐食性溶融亜鉛アルミニウム合金めっき
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2022年(令和04年)07月22日
初回審査証明日
2002年(平成14年)07月22日
有効期限
2027年(令和09年)07月21日
技術保有会社
那須電機鉄工株式会社





会社名
那須電機鉄工株式会社
住所
東京都新宿区新宿二丁目1番12号
担当部署
経営管理室
連絡先
03-3351-6136
建設分野
海岸 道路 材料
業務分類
大気 維持修繕 鋼材系
キーワード
めっき
表面処理
耐食性
亜鉛
アルミニウム
合金
海岸
被覆
鋼材
溶融
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「タフZ10」は、従来の溶融亜鉛めっきに比べ、耐食特性に優れ、腐食環境の厳しい場所でも使用することができる表面処理である。製造は、溶融亜鉛めっきと同様に前処理を行い、一次めっきと二次めっきを施す2段めっき法により製造される。このめっき層組織は、アルミニウムが細かく分散された緻密な合金組織である。この組織が形成されることにより、海塩粒子や融雪剤といった腐食因子、また、工業地域で発生する腐食性ガスから鋼材を保護する効果が生まれる。さらに、鋼材の変形によるめっき層の耐剥離性も著しく向上する。
適用実績
「タフZ10」は、1993年の東京湾横断道路付帯設備への仕様化を皮切りに、塩害環境下で使用される様々な設備で適用実績がある。現在では鉄塔類、通信・電力・鉄道・道路用設備などに仕様化され、2022年までに累計約4万トンにも及ぶ多くの重要インフラ設備を塩害から守っている。 (主要実績) 1.2014年 NEXCO ケーブルラック 2.2014年 電力会社 橋梁添架金物 / 地中線金物 3.2015年 通信会社 鉄塔材 4.2015年 国土交通省 ケーブル支持金物 5.2016年 地方自治体向け 防災無線柱  6.2017年~電力会社 送電鉄塔新設・取替工事 鉄塔材

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
ナットバー 株式会社大林組 03-5769-1062 PDF
Gr・L型擁壁 和光コンクリート工業(株) 0982-69-2216 PDF
スーパーフロテックアンカー 株式会社エスイー、他8社 03-5338-3242 PDF
パブリックドレーン 旭化成アドバンス株式会社、東急建設株式会社 03-5404-5612 PDF