審査証明技術(概要)

技術名称
ディスパライト
副題
コンクリート打継目処理剤
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2023年(令和05年)03月05日
初回審査証明日
2003年(平成15年)03月05日
有効期限
2028年(令和10年)03月04日
技術保有会社
日本ジッコウ株式会社、共栄社化学株式会社





会社名
日本ジッコウ株式会社
住所
兵庫県神戸市西区南別府1丁目14番6号
担当部署
営業企画部
連絡先
078-974-2909
建設分野
ダム 道路 橋梁
業務分類
施工方法 コンクリート系
キーワード
コンクリート
打継目処理剤
グルコン酸ナトリウム
水和反応
遅延作用
作業時期
レイタンス
保護膜
打継ぎ強度
チッピング処理
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「ディスパライト」は、グルコン酸ナトリウムを主成分とするコンクリート打継目処理剤であり、主成分であるグルコン酸ナトリウムは、セメント粒子の表面に吸着されて保護膜を形成し、セメントと水の接触を妨げてセメントの水和反応を遅延させ、時間の経過とともに遅延作用が次第に小さくなり、その後コンクリートの硬化は正常に進むことが知られている。上記の特性を利用しコンクリート表面薄層部の水和反応を計画的に遅延させることが可能となり、打継ぎ強度を損なうことなく、打継ぎ処理の作業時期を従来より大幅に延長することが出来る。
適用実績
1.2018年  JR東海     中央新幹線坂下非常口新設工事 2.2019年  東北電力     上越火力発電所1号機新設工事 3.2020年  NEXCO中日本   新東名高速道路 用沢工事 4.2021年  関東地方整備局 令和2年度 圏央道利根川橋下部その2工事 5.2022年  中部地方整備局 令和2年度 設楽ダム設楽根羽根線4号橋下部工事

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
箱型擁壁 株式会社箱型擁壁研究所、昭和コンクリート工業株式会社 058-201-0150 PDF
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
ナットバー 株式会社大林組 03-5769-1062 PDF
KCフォーム インフラテック株式会社 099-252-9911 PDF
SQS防水材 株式会社ダイフレックス、みらい建設工業株式会社、株式会社サーフェステクノロジー 03-6811-0813 PDF