JACICロゴ JACICセミナーのご案内・参加者募集
JACICホームに戻る右矢印左矢印前に戻る 
 

JACICセミナーのご案内・参加者募集

 JACICでは、i-Constructionの推進を支援するため、「JACIC‘i-Con’チャレンジ戦略」を策定し、2020年4月より「JACICクラウド」の運用を開始しました。 また、インフラ分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進にも積極的に取り組んでいます。
 この度、以下の3部構成で、JACICセミナーを開催する運びとなりました。 今年度の特別講演では、国土交通省工事監視官・栗原和彦様、土木学会建設技術研究委員会委員長・太田誠様よりご講演いただきます。また、「新現場力に求めるもの」と題したディスカッションを開きます。
 会場での受講はソーシャルディスタンスを考慮し、定員を60名とする他、Webでの受講も可能です。皆様のご参加をお待ちしています。

◇日 時 : 令和3年11月12日(金)10:00~17:00
◇会 場 : TKP赤坂駅カンファレンスセンター 13階 ホール13A(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館) 地図
◇定 員 : 会場 60名 ・ Web受講 150名(先着順)
◇参加費 : 会場・Webともに無料
◇申込締切 : 令和3年11月8日(月)17:00まで(申込期間内であっても、定員に達した場合は受付を終了させて頂きます。)
◇CPDポイント
  •   土木学会(建設系CPD協議会)    午前1.7ポイント、午後3.5ポイント
  •   日本測量協会(測量系CPD協議会) 午前2ポイント、午後3ポイント
  •    ※ 午前の部(10:00~11:45)または午後の部(13:00~17:00)を受講された方、それぞれに受講証明書を発行します。午前・午後両方の受講も可能です。
  •   ※ Web受講の場合、申込時にメールでお送りするURLからアンケートにご回答いただいた後、受講証明書を送付します。
  •   ※ 土木学会以外の団体等の所定様式に受講証明印が必要な場合は、必要事項を記入したファイルをアンケートに添付して下さい。
         必要事項に記入漏れがある場合は受講を証明することはできませんので、ご了承下さい。
◇ご注意
  •   ※ 会場では、新型コロナウイルス感染症予防のため、マスクの着用および手指の消毒をお願いしております。
  •   ※ 今後の新型コロナウイルス感染状況により、本セミナーの中止、延期、内容変更等の可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。
  •   ※ Webでの受講では「Webex」を使用しますので、推奨環境をご確認下さい。Web受講に関するご案内は別途メールでご連絡いたします。

【会場での受講】
お申し込み画面へ

 

【Webでの受講】
お申し込み画面へ

◇プログラム(敬称略)

【第1部】JACICソリューション報告会
10:00 ~ 10:05 主催者挨拶 理事長 深澤 淳志
10:05 ~ 10:45 インフラ分野のDXによる現場の改革(仮題) 理事 尾澤 卓思
10:45 ~ 11:00 JACICクラウド活動報告(陸閘訓練) ソリューション部門
計画監理部 部長
大澤 健治
11:00 ~ 11:15 遠隔臨場に向けた対応 ソリューション部門
事業推進部 部長
桜井 力
11:15 ~ 11:30 建設分野における画像・映像技術の利活用促進に向けて(中間とりまとめ) 建設情報研究所
副所長
明野 和彦
11:30 ~ 11:45 ダム事業でのBIM/CIMの活用について 研究開発部
部長
山田 浩次


【第2部】特別講演
13:00 ~ 13:50 【特別講演】
  遠隔臨場への国の取組(仮題)
国土交通省 大臣官房 技術調査課 工事監視官 栗原 和彦
13:50 ~ 14:20 【特別講演】
  土木事業と技術開発 DX時代にむけて(仮題)
土木学会建設技術研究委員会 委員長/大成建設株式会社 常務執行役員 太田 誠
14:25 ~ 14:55 【ディスカッション】
  新現場力に求めるもの(仮題)

    ・土木学会建設技術研究委員会 委員長/大成建設株式会社 常務執行役員 太田 誠

    ・神戸大学 都市安全研究センター 教授 飯塚 敦

    ・JACIC理事 尾澤 卓思 (進行)



【第3部】第19回 JACIC研究助成事業成果報告会
15:15 ~ 15:45 【2年間の研究】都市丸ごとシミュレーション技術の社会実装における都市データ利活用カスタマイズに関する調査研究 神戸大学 都市安全研究センター 教授 飯塚 敦
15:45 ~ 16:00 【中間報告】既存橋梁の2次元図面の意味解釈を通した3次元CIMモデル自動生成手法の提案 東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授 全 邦釘
16:00 ~ 16:10  休 憩
16:10 ~ 16:25 【1年間の研究】国土交通データプラットフォームの構築に資する広域地形モデルの制作に関する,テレワーク時代に対応可能な業務モデルの提案 函館工業高等専門学校 社会基盤工学科 准教授 山﨑 俊夫
16:25 ~ 16:40 【1年間の研究】無線センサネットワークシステムを応用したIoT技術による屋外多点計測手法の実装のための調査研究 長崎大学大学院 工学研究科 准教授 杉本 知史
16:40 ~ 16:55 【中間報告】人間中心設計的アプローチによるBIM/CIM人材育成過程の設計と検証 名古屋工業大学大学院 工学研究科 教授 秀島 栄三
16:55 ~ 17:00 閉会挨拶 建設情報研究所 所長 坪香 伸
 ※ プログラムは変更になる場合があります。


【お問合せ先】
  • 一般財団法人日本建設情報総合センター 経営企画部(栗原、山本、清水)
  • メール jacic-seminar☆jacic.or.jp
  •     (送信時には、上記「☆」記号を「@」記号に置き換えて下さい。)


JACICロゴ サイトマップ