審査証明技術(概要)

技術名称
Post-Head-bar
副題
後施工プレート定着型せん断補強鉄筋
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2020年(令和02年)12月21日(内容更新 2020年(令和02年)12月21日)
初回審査証明日
2005年(平成17年)12月21日
有効期限
2025年(令和07年)12月20日
技術保有会社
大成建設株式会社、成和リニューアルワークス株式会社





会社名
成和リニューアルワークス株式会社
住所
東京都港区六本木1-6-1
担当部署
工事統轄部 技術部 品質・技術室
連絡先
03-3568-8560
建設分野
下水道 トンネル 共同溝
業務分類
地震 施工方法 防災
キーワード
後施工
せん断補強鉄筋
コンクリート
既設構造物
耐震補強
せん断補強
せん断耐力
じん性
プレート定着
施工性
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「Post-Head-bar」は鉄筋両端部に摩擦圧接によりプレートを取り付けたもので、これを既設コンクリート構造物に削孔した孔内に定着することにより従来は補強が困難であった既設地下構造物や堰・水門・橋台などに対するせん断補強に有効である。 本審査証明によって、鉄筋の種類がSD295~SD390、鉄筋の呼び名がD13~D32に対して、せん断耐力向上の効果を、通常の方法でせん断補強した部材のせん断補強鉄筋によるせん断耐力寄与分の最大で0.9倍として評価できることが確認された。 また、施工条件に合せて機械式鉄筋継手の使用も可能である。
適用実績
後施工プレート定着型せん断補強鉄筋(Post-Head- bar)を用いた耐震補強工法は、2020年10月1日までに895件の工事に適用されており、施工中のものを含めて合計153万 本以上の実績がある。下水処理場関連施設(浄化センター・ポンプ場)が施工件数の約5割を占めており、その他、浄水場、水門、道路・鉄道トンネルなど様々な構造物に適用されている。対象部位は壁、底版、頂版、堰柱など多岐にわたっている。

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
ヒューセグ 藤村ヒューム管株式会社、栗本コンクリート工業株式会社、フジミ工研株式会社 03-6913-4330 PDF
セラミックキャップバー(CCb) 鹿島建設株式会社、カジマ・リノベイト株式会社 03-5379-8771 PDF
ソフトコアリングC+ 株式会社錢高組、前田建設工業株式会社、日本国土開発株式会社 03-5276-5166 PDF
ナットバー 株式会社大林組 03-5769-1062 PDF
DANK工法 三谷セキサン株式会社 03-5821-1122 PDF