JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
ハイビーウォール
副題
改良土(短繊維混合安定処理土)とジオグリッドを組み合わせた補強土壁
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成27年11月08日(内容更新 平成27年11月08日)
初回審査証明日
平成17年11月08日
有効期限
平成32年11月07日
技術保有会社
大日本土木(株)





会社名
大日本土木(株)
住所
東京都新宿区西新宿6-16-6タツミビル
担当部署
土木本部 土木技術部 設計グループ
連絡先
03-5326-3939
建設分野
道路
業務分類
施工方法
キーワード
補強土
ジオグリッド
改良土
短繊維
現地発生土
耐震
コスト縮減
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
ハイビーウォールは急勾配盛土を構築する補強土壁工法であり、盛土の壁面部分に所定の幅と強度をもつ改良土を配置してジオグリッドと組み合わせる構造を特徴とする。改良土は現地発生土に固化材と短繊維を混合する。短繊維の混合により改良土のじん性を(粘り強さ)を高め、耐震性の向上をはじめ、壁面部分に用いる材料としてより安定性を高める。この改良土の効果により壁面パネルを簡易構造にできる。また、改良土の効果(強度)を設計に取り入れることで、ジオグリッドの使用量を減らすことができ、建設コストの縮減に繋がる。さらに、改良土とジオグリッドとの組合せにより、レベルⅡ地震に対しても高い耐震性能を有することが確認された。
適用実績
平成14年度に国土交通省北陸地方整備局において試験フィールド工事として適用(最大壁面高さ9.8m,施工面積≒800㎡)、平成19年度国土交通省名古屋地方整備局でNETIS試行工事(施工者希望型:最大壁高さ5.5m,施工面積245㎡)を実施したのをはじめ、平成27年9月現在、59例。(最大壁高実績:14.7m) 国交省12件、都道府県27件、その他20件