JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
DRB
副題
ディスク形コンパクト支承
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成27年05月29日
初回審査証明日
平成27年05月29日
有効期限
平成32年05月28日
技術保有会社
株式会社川金コアテック・住友理工株式会社・日本鋳造株式会社





会社名
株式会社川金コアテック
住所
埼玉県川口市川口2-2-7
担当部署
市場開発部 技術G
連絡先
048-259-1113
建設分野
橋梁 防災 道路
業務分類
維持修繕 防災 地震
キーワード
ウレタンゴム
高面圧
コンパクト
低コスト
支承
耐震補強
支承交換
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KK-100027-A
概要
近年、耐震補強または老朽化に伴う既設橋梁の支承交換工事においては、限られた支承の設置空間に適用できる支承形式の選定や施工性の確保が重要な課題となっており、そのためには所定の支承性能を確保しつつ、支承の高さが低く抑えられ、かつ重量のさらなる軽量化が求められている。ディスク形コンパクト支承「DRB」は、荷重支持板に従来支承に比べ高い強度が期待できるウレタンゴムを用いることにより、荷重支持部の部材点数を少なくし、それにより支承の軽量化と支承高さの低減を図った橋梁の固定および可動支点に用いる支承である。
適用実績
平成21年度~平成27年5月までに、国土交通省直轄工事をはじめ、高速道路の補修・補強工事などを中心に合計145橋(工事)、1975基の支承の製作・納入実績がある。