審査証明技術(概要)

技術名称
「ハイパージンク」・「ダイマジンク」
副題
極厚目付溶融亜鉛めっき鋼板
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2015年(平成27年)03月25日
初回審査証明日
2005年(平成17年)03月25日
有効期限
2020年(令和02年)03月24日
技術保有会社
新日鐵住金株式会社





会社名
新日鐵住金株式会社
住所
東京都千代田区丸の内二丁目6番1号
担当部署
薄板事業部 薄板営業部 薄板商品技術室
連絡先
03-6867-6844
建設分野
道路 共同溝 材料
業務分類
維持修繕 鋼材系 新素材
キーワード
極厚目付
高耐食
溶融亜鉛めっき鋼板
塩害地域
防食
ガードレール
防風雪柵
道路溝蓋
コンクリート型枠
後めっき
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
極厚目付溶融亜鉛めっき鋼板「ハイパージンク」・「ダイマジンク」は、連続溶融亜鉛めっき設備において製造される高耐食めっき鋼板である。「ハイパージンク」は、通常のめっき層成分の亜鉛めっき鋼板で、片面あたり450~550g/㎡のめっき付着量を有するものである。一方「ダイマジンク」は片面あたり450~550g/㎡のめっき付着量のもの、及び、片面あたり225~270g/㎡のめっき付着量を有するもので、めっき層中に0.5%のマグネシウムを添加したものである。
適用実績
平成25年度の使用実績 防風雪柵(ダイマジンク):690トン 道路溝蓋(ハイパージンク):80トン 道路防音壁(ダイマジンク):200トン のり面補強用止圧板のコンクリート型枠(ダイマジンク):310トン 電柱用変圧器(ダイマジンク):120トン

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
パブリックドレーン 旭化成ジオテック株式会社、東急建設株式会社 03-5652-3909 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF
ガチカムジョイント 新日鐵住金(株) 03-6867-4111 PDF
イースターマット 日新産業㈱ 058-247-7529 PDF