JACIC 一般財団法人日本建設情報総合センター

Loading

現在地

審査証明技術(詳細)

技術名称
ラクニカンジョイント
副題
鋼管杭・鋼管矢板の機械式継手
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
平成29年01月11日(内容更新 平成29年01月11日)
初回審査証明日
平成14年01月11日
有効期限
平成34年01月10日
技術保有会社
株式会社クボタ、新日鐵住金株式会社





会社名
株式会社クボタ
住所
東京都中央区京橋2丁目1番3号
担当部署
鋼管営業部 土建技術グループ
連絡先
03-3245-3259
建設分野
橋梁 材料 河川
業務分類
施工方法 鋼材系 施工管理
キーワード
機械式継手
無溶接継手
コスト縮減
工期短縮
全天候
杭工法
鋼管杭
鋼管矢板
現場接合
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
KT-040089
概要
ラクニカンジョイントは、打込み杭工法、埋込み杭工法、回転杭工法および圧入工法で施工される鋼管杭・鋼管矢板の現場接合継手である。従来の溶接接合に比べ、差し込みと荷重伝達キーによる固定を併用した機械式接合を用いることで、鋼管の現場接合作業の時間短縮と接合部の安定した品質を実現した。ラクニカンジョイントによる接合作業は、下杭上端のピン継手に、クレーンで吊り上げた上杭下端のボックス継手を挿入し、セットボルトを回転させ、荷重伝達キーを締め込むことにより行う。平成18年の内容変更により、従来形状である「標準型」の適用範囲の拡大と、コストダウン形状である「一段型」を追加した。
適用実績
<道路橋実績例> ・平成15年4月 高知駅前高架橋下部工事 ・平成22年10月 正連寺川西工区開削トンネル工事 ・平成26年9月 圏央道桶川第5高架橋(下部工)工事 ・平成27年10月 新名神高速道路楊梅山高架橋 <港湾実績例> ・平成16年12月 室蘭港岸壁(-8m)改良工事 ・平成18年3月 志布志港岸壁(-14m)荷役機械基礎外1件工事 ・平成20年4月 東京国際空港D滑走路建設外工事                                   <鉄道実績例> ・平成19年7月 JR西日本3・3・9号米子駅陰田線橋梁基礎工事      ・平成21年10月 阪急京都線・千里線連続立体交差事業                                     ・平成22年4月 新幹線2K680付近南工区盛土改築工事 ・平成24年3月 天神大牟田線連続立体交差事業(第一工区) ・平成25年7月 南武線上丸子こ線橋架替他1工事 ・平成27年2月 名古屋線冨吉・蟹江間大海用第三橋梁改築工事