審査証明技術(概要)

技術名称
タケコート・1000
副題
フッ素樹脂コーティングボルト・ナット・座金
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2020年(令和02年)03月20日
初回審査証明日
2005年(平成17年)03月20日
有効期限
2025年(令和07年)03月19日
技術保有会社
株式会社竹中製作所





会社名
株式会社竹中製作所
住所
大阪府東大阪市菱江6丁目4番35号
担当部署
ボルト事業部
連絡先
06-6782-2054
建設分野
海岸 道路 橋梁
業務分類
維持修繕 鋼材系 新素材
キーワード
防錆防食処理 
ボルト・ナット 
フッ素樹脂塗装 
表面処理 
締結部品 
橋梁部品 
LCC 
潤滑性 
ハイテンボルト
塩水噴霧試験
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「タケコート・1000」は、金属製ボルトナットを含む締結部材の全表面の最上層にフッ素樹脂塗装した2層構造の薄膜の表面処理である。厳しい腐食環境下で耐えうる長期防錆防食性能を付与した表面処理で、締結という摺動に対しても被膜破壊の起こらないものである。フッ素樹脂被膜は加熱硬化したものであり、膜硬度も高く、高濃度薬品中でも優れた耐久性を示すものである。
適用実績
1.1995年4月:東京湾横断道路海底トンネル部セグメント締結用ボルトとして、約40万組(M36×660両ねじボルト類) 2.2004年4月:阪神高速道路公団 淀川左岸線島屋土留壁設置工事(第5、6)工区 3.2007年7月~:北海道開発局 国道建設工事 4.2010年6月:大阪市交通局 線路締結用金物類 5.2010年8月:東海ゴム経由福岡県内県道免震支承用アンカーボルト(M48径240組) 6.2012年7月:銚子沖洋上風力発電防舷材用他  7.2014年2月:トルコ海底トンネル用可撓セグメントボルト類 8. 2018年4月~:関東地方整備局 八王子南バイパス館第一トンネル工事 セグメント用継手金物類

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
UCB 株式会社ビービーエム 03-3517-9864 PDF
サイトフィットネイリングバー(SNB) 西松建設(株) 03-3502-0265 PDF
ガチカムジョイント 新日鐵住金(株) 03-6867-4111 PDF
EHDアンカー 神鋼鋼線工業株式会社、弘和産業株式会社 0428-32-2811 PDF
ダクタルフォーム 太平洋セメント株式会社 03-5531-7370 PDF