審査証明技術(概要)

技術名称
イースターマット
副題
自然侵入促進型植生マット
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2020年(令和02年)12月06日
初回審査証明日
2010年(平成22年)12月06日
有効期限
2025年(令和07年)12月05日
技術保有会社
日新産業株式会社





会社名
日新産業株式会社
住所
岐阜県羽島郡岐南町三宅3-224
担当部署
技術本部
連絡先
058-247-7529
建設分野
環境 緑化 材料
業務分類
その他
キーワード
法面緑化
自然侵入促進工
植生誘導工
生物多様性
自然回復
環境保全
自生種
地域性系統 
周辺植物
侵食防止
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
『イースターマット』は,無播種で施工し,周辺に自生する植物の自然侵入で緑化を行う植生マットである。 このような緑化手法を,一般的に自然侵入促進工と呼称している。自然侵入促進工は,無播種で施工を行うことから,緑化が進行するまでの期間,法面保護機能を継続的に維持するとともに,周辺植物が侵入・定着しやすい環境を作ることが必要である。 『イースターマット』は,自然侵入促進工に必要な「法面保護機能」と「周辺植物の侵入・定着機能」の両立を目的として開発した,自然侵入促進型植生マットである。
適用実績
2018年度までに約800件,110万㎡の施工実績を有する。 施工場所は北海道から沖縄県(八重山諸島)まで,発注機関は国土交通省,農林水産省,防衛省,環境省,都道府県その他の公共機関等の多岐にわたる。 生物多様性の保全に寄与した緑化を行えることから,自然環境に配慮が必要な地域(自然公園内やそれに準じる地域,希少種の生息地域,下流域への種子拡散を防ぎたい地域等)での採用実績が多い。

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
UCB 株式会社ビービーエム 03-3517-9864 PDF
T・P JOINT ㈱トーヨーアサノ他20社 03-3452-1065 PDF
タフナット 共英製鋼株式会社 0567-55-1092 PDF
ハイパープレメッシュ 三立産業㈱、富士金網製造㈱、松井金網工業㈱、共和ハーモテック㈱、日亜鋼業㈱ 06-6416-0075 PDF
Tヘッド工法鉄筋 清水建設株式会社、第一高周波工業株式会社 03-3820-5504 PDF