審査証明技術(概要)

技術名称
SECコンクリート
副題
性能向上のために分割練混ぜをしたコンクリート
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2023年(令和05年)08月21日
初回審査証明日
2003年(平成15年)08月21日
有効期限
2028年(令和10年)08月20日
技術保有会社
株式会社IHI建材工業





会社名
株式会社IHI建材工業
住所
東京都墨田区両国二丁目10番14号
担当部署
技術本部 開発部 
連絡先
03-6271-7240
建設分野
ダム 橋梁 トンネル
業務分類
施工計画 コンクリート系
キーワード
分割練混ぜ
コンクリート
ブリーディング
ポンプ圧送性
圧縮強度
耐久性
吹付けコンクリート
粉じん
はね返り
造殻
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
「SECコンクリート」は、練混ぜ水を分割投入して、細骨材の周囲が低水セメント比のセメントペーストで覆われたコンクリートのことであり、ブリーディングが抑制され、ポンプ圧送性および強度特性が向上する。吹付けコンクリートにおいては、はね返り率、粉じん発生量が低減し、コア圧縮強度が増大する。 〈審査証明結果の要旨〉 1.圧縮強度は一括練りコンクリートより高い。 2.ブリーディング率は一括練りコンクリートより少ない。 3.吹付けコンクリートのはね返り率、粉じん発生量が少ない。
適用実績
 昭和55年から令和4年12月現在までに一般打設コンクリートとして約339万m3、吹付けコンクリートとして約254、吹付けコンクリートとして約254万m3と都合約593万m3の実績がある。ここでは平成30年(2018年)以降の主な施工実績を示す。 2018年~2022年の工事採用実績 1.吹付けコンクリート工事  ・道路トンネル-50件(約134,078m3)   ・鉄道トンネル-18件(約311,220m3) 2.一般工コンクリート打設工事 6件(約7,716m3) 3.トンネル二次覆工コンクリート打設工事2件(約6,534m3) 4.橋梁のコンクリート打設工事 4件(約3,450m3) 5.ダムコンクリート打設工事  1件(約67,280m3)

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
Post-Head-bar 大成建設株式会社、成和リニューアルワークス株式会社 03-3568-8560 PDF
SQS防水材 株式会社ダイフレックス、みらい建設工業株式会社、株式会社サーフェステクノロジー 03-6811-0813 PDF
DANK工法 三谷セキサン株式会社 03-5821-1122 PDF
フリップバー 株式会社安藤・間、株式会社伊藤製鐵所 03-5829-4630 PDF
ベストグラウトバー 株式会社奥村組 06-6625-3893 PDF