審査証明技術(概要)

技術名称
ハイパープレメッシュ
副題
溶融亜鉛-10%アルミニウム合金めっき鉄線を用いた先めっき溶接金網
認定機関
(一財)土木研究センター
審査証明日
2023年(令和05年)06月18日
初回審査証明日
2008年(平成20年)06月18日
有効期限
2028年(令和10年)06月17日
技術保有会社
三立産業㈱,富士金網製造㈱,松井金網工業㈱,共和ハーモテック㈱,日亜鋼業㈱





会社名
日亜鋼業株式会社
住所
兵庫県尼崎市中浜町19番地
担当部署
技術本部 技術サービス部 技術サービス課
連絡先
06-6416-0075
建設分野
道路 緑化
業務分類
実施設計 防災 鋼材系
キーワード
金網
土留め
ドレーン
補強土壁
合金めっき
擁壁
メッシュ
かご
フェンス
新素材
技術概要書
関連リンク
NETIS登録番号
概要
 「ハイパープレメッシュ」は、連続式溶融めっき方法により製造されためっき線を用いて、溶接加工することにより製造される溶接金網である。  また、材料にはめっき層中に10%以上のアルミニウムを含有させ、300g/㎡以上のめっき付着量を有する溶融亜鉛-10%アルミニウム合金めっき鉄線を用いているので、以下の特性を有してる。  1)金網強度やめっき特性および寸法精度などが安定している。  2)通常の建設土木資材取扱い時の衝撃に対して、高い耐衝撃性を有している。  3)土中や気中において、優れた耐久性を有している。  4)通常行う溶接加工後のドブめっき工程を省略する事ができる。
適用実績
2022年6月 山陽自動車道(特定更新等)広島高速道路事務所管内盛土補強工事(その2) 盛土法尻工 2022年7月 徳田堤防浸透対策その2工事 ドレーン工 2022年8月 成瀬ダム林道付替工事 土留工 2022年10月 令和4年度鳥獣被害防止総合対策交付金 侵入防止柵直営施工 防護柵 2022年10月 肝属川下伊倉下流地区堤防浸透対策工事 ドレーン工 2022年10月 あゆみの造成工事 土留工 2022年11月 肝属川波見地区堤防浸透対策工事 ドレーン工 2022年11月 令和3年度東海環状麻生田地区北部道路建設工事 土留工 2022年11月 令和3年度馬洗川畠敷地区堤防強化工事 ドレーン工 2022年12月 令和3-4年度吉野川水系ヨモギ谷堰堤管理用道路工事 土留工

同一建設分野でアクセス数の多い技術には以下があります。

技術名称 技術保有会社 連絡先 技術概要書 関連リンク 備考
GTフレーム工法 イビデングリーンテック株式会社 0584-81-6114 PDF
箱型擁壁 株式会社箱型擁壁研究所、昭和コンクリート工業株式会社 058-201-0150 PDF
残存型枠プロテロックピアスワンダー タカムラ総業株式会社 0550-89-5144 PDF
ナットバー 株式会社大林組 03-5769-1062 PDF
KCフォーム インフラテック株式会社 099-252-9911 PDF